CHECK

気を付けたい!せっかくの栄養を逃がす牛肉の調理法や食べ方

気を付けたい!せっかくの栄養を逃がす牛肉の調理法や食べ方

牛肉にはタンパク質ーやビタミンとミネラルの他にセロトニンなども含まれているので、継続して食べることで健康的な身体になることができます。しかし、食べ方を工夫しないと栄養を逃してしまうリスクがあるので、調理をするときは気をつけないといけません。牛肉の栄養を逃してしまう調理法はお湯で茹でることであり、お湯の中に逃げ出してしまうリスクがあります。スープとして牛肉を茹でることをすると、灰汁の部分だけを捨てて他は飲むことができますから、効率的に栄養を逃さずに食べることができます。しゃぶしゃぶも若干栄養を逃してしまう食べ方にはなりますが、同じお湯の中でネギなどを加えることで野菜に溶けた脂が付着することで効率的に味わうことができる可能性は高いです。焼肉をするときも脂を落としすぎると栄養も一緒に抜けてしまうリスクがありますし、ステーキも同じような状態になるのでタレに脂の部分を使用するといいかもしれません。

スポーツマンに必要な栄養が豊富な牛肉!その成分に注目しよう!

牛肉はスポーツマンにもおすすめの食材と言えます。含まれる栄養成分が、パフォーマンス向上や疲労回復などにつながるからです。まず牛肉は、生命維持に欠かせない必須アミノ酸が豊富で、アミノ酸スコアは100点とされています。その中でも特にバリン、ロイシン、イソロイシンの3成分は、筋肉形成に欠かせません。体内では作り出せないアミノ酸なので、食べ物から摂取する必要があります。次に注目すべきが、ヘム鉄です。鉄分が不足すると貧血になり、疲れやすい上にパフォーマンスも低下します。牛肉はヘム鉄も多く含むので、スポーツマンにとって嬉しい食べ物と言えるでしょう。そのほかにも免疫力をアップする亜鉛や疲労回復効果のあるビタミンB群も豊富です。特にレバーはビタミンB群を取り込むのに最適です。ビタミンB12やナイアシンを補給するには、レバーがおすすめの食材と言えます。バランス良く野菜や魚などと組み合わせて、牛肉を摂取してパワーアップしたいものです。

牛肉に関する情報サイト
牛肉の栄養成分や効能

このサイトは健康と美容に役立てたい、牛肉の栄養成分や効能などを紹介しています。役立つ豆知識や常識が満載なので、ぜひ目を通してみてください。気を付けたいのが、せっかくの成分を逃がす調理法や食べ方です。また牛の肉の成分は冷凍保存しても変わらないのか、という気になる情報も解説しています。生活に欠かせない便利な冷凍の是非を押さえることができるはずです。

Search